HOME » 現役美容師監修コラム ~いくつになってもキレイな髪でいるために~ » 女性が薄毛になるNG習慣
  • 女性の薄毛事情
  • 満足度85%以上女性育毛剤リスト
  • 現役美容監修コラム

女性育毛剤の選び方

  • 初級編育毛剤について学ぶ
  • 中級編悩み別に選ぶ
  • 上級編注目の成分で選ぶ

薄毛に悩む女性の強い味方 ランキング1位の育毛剤はこれ!

  

女性が薄毛になるNG習慣

女性の薄毛を進行させてしまうNG習慣についてご紹介します。

薄毛を招くNG生活習慣をチェック

普段何気なくやってしまいがちな生活習慣が、実は薄毛の原因になっている可能性もあります。

夜更かししてしまう

人間の体は、睡眠の間に自律神経を正常にし体と心のリズムを修復しています。

特に22時~2時までの間は、成長ホルモンの分泌が活発になる時間。

この時間は「シンデレラタイム」と呼ばれ、ヘアサイクルを正常に整えるためには、この時間帯にきちんと睡眠をとっておくことが大切です。

喫煙

ご存知の通り、たばこは百害あって一利なしです。たばこを吸うと、血管を収縮して血流が悪くなるので毛母細胞に栄養や酸素が届かなくなる、大量の活性酸素を発生させるので体内の抗酸化物質が不足する、体が強いストレス状態と同じ状態になるので薄毛が進行する、毛細血管・毛根・頭皮・頭髪の老化が加速する…などなど。

たばこによる頭皮や髪への害というのは想像以上のものがあるので、喫煙習慣のある方は是非禁煙されることを強くおすすめします。

ブラシで頭をトントンする

何年か前に流行った頭皮のマッサージ法のようですが、ブラシや櫛を使って頭皮を刺激すると毛根が傷ついて薄毛や脱毛の原因となる可能性があります。

ブラシのような先のとがったもので頭皮をトントンたたくと、1点に強い力が集中するため毛穴にかかる負担が大きすぎるのです。器具を使ったマッサージは力の加減がとても難しいので、頭皮のマッサージは手や指を使って行うのが安心です。

あまり歩かない(移動は車が多い)

運動習慣のない人は全身の血流が悪くなっている場合が多いです。

運動をしないと酸素の摂取量が少ないので毛母細胞に栄養が行き渡りにくくなり、新しい毛髪を生み出す力が弱くなってしまいます。

1日に20分程ウォーキングを行うと効果的と言われていますが、大股で歩いたり、テキパキ家事をやるだけでも血流は良くなっていきます。

野菜よりもお肉が好き

野菜よりもお肉が好きでよく食べる、という方は薄毛になってしまう可能性大!

肉類は高脂肪・高コレステロールの食品なので、あまり食べ過ぎると血液中の脂質が増えて皮脂分泌が過剰になってしまいます。

また血液がドロドロになることで血行が悪くなり、毛母細胞など体の隅々まで栄養が行き渡らなくなって薄毛が加速してしまいます。

もちろん適度なタンパク質は必要ですが、農林水産省によると1日の平均必要量は成人女性であれば40g程度で十分ですし、脂身は出来るだけ除去して調理するなどの工夫が必要です。

サプリメントの摂り過ぎ

日ごろからサプリを愛用している女性も多いのではないでしょうか?

不足しがちな栄養素を手軽に補給できて大変便利なサプリですが、これも摂り過ぎは禁物。過剰摂取してしまった栄養素は、うまく消化・排出ができず不自然に体内に残ってしまうことがあります。

そうすると、「異物」となって蓄積されていくので毛母細胞を弱らせてしまい、薄毛を誘発する可能性も出てきます。

複数のサプリを摂っている方は、重複している(過剰摂取になっている)成分がないかどうかを一度チェックしてみて下さい。必要な栄養はできるだけ食事から摂るように心がけ、サプリの摂取は必要最低限に抑えましょう。

【発表】あらゆる項目で徹底比較!女性育毛剤BEST5