HOME » 現役美容師監修コラム ~いくつになってもキレイな髪でいるために~ » ヘアサイクル(毛周期)
  • 女性の薄毛事情
  • 満足度85%以上女性育毛剤リスト
  • 現役美容監修コラム

女性育毛剤の選び方

  • 初級編育毛剤について学ぶ
  • 中級編悩み別に選ぶ
  • 上級編注目の成分で選ぶ

薄毛に悩む女性の強い味方 ランキング1位の育毛剤はこれ!

  

ヘアサイクル(毛周期)

髪の毛の構造やヘアサイクルについて詳しく解説しています。

知ってる?髪の毛の構造

髪の毛を、「毛幹」と「毛根」に分けて考えてみましょう。

私たちは、地肌から出ている「毛幹」の部分を髪の毛と呼んでいますが、髪の毛の成長で重要なのは地肌の中に埋まっている部分の「毛根」の部分です。

毛根の奥の膨らんだ部分を「毛球」といいますが、言ってみればこの部分が“髪の製造工場”です。

毛球にある「毛乳頭」が髪の毛を作る指示を毛母細胞に出すと、毛母細胞が分裂してそれが髪の毛となって成長していきます。

この毛母細胞の分裂をスムーズにするのが、毛細血管から運ばれてくる酸素や栄養。毛母細胞は体の中で最も活動が活発な細胞といわれており、大量の酸素と栄養が必要になります。ですから、髪の成長のためには地肌の血行を促して、酸素と栄養がきちんと毛根に行き渡るようにすることが大切なのです。

この髪の毛が発毛して脱毛するまでには一定の周期があり、それを「ヘアサイクル」と呼びます。

ヘアサイクルは正常な場合は一般的に3~6年と言われていますが、これが乱れることで薄毛の原因になります。

ヘアサイクルとは

髪の毛が発毛して脱毛するまでの一定の周期をヘアサイクルと呼びます。

ヘアサイクルが正常である場合、髪の寿命は一般的に4~6年と言われており下記のサイクルを繰り返しています。

  • 成長期1
    髪が産まれる最初の段階です。
    古い髪が毛根から離れると同時に、毛穴の奥のほうでは毛乳頭の指令によって毛母細胞が分裂を開始。新しい髪を作り始めています。

矢印画像

  • 成長期2
    新しい髪が成長して古い髪を押し出します。
    この頃になると古い髪は簡単に抜け落ちるようになっており、ブラッシングやシャンプーなどで抜けていきます。

矢印画像

  • 成長期3
    古い髪が抜け落ちて新しい髪が太く長く成長する時期。髪の毛は、成長期1~3の間に毛母細胞が活発に働くので4~6年に渡って成長し続けます。
    頭髪全体のおよそ8割~9割がこの成長期にある髪の毛です。

矢印画像

  • 退行期
    毛母細胞の働きが弱くなり髪が成長しなくなります。
    やがて、毛母細胞から離れると完全に成長が止まりますが、この間は2~3週間ほどとされています。頭髪全体のおよそ1割は、この退行期の髪の毛になります。

矢印画像

  • 休止期
    成長が止まった髪は、徐々に毛根から離れて上のほうへ上がっていき、抜け落ちる準備をはじめます。
    数ヶ月間はこの状態が続くの ですが、毛根の奥 では新しい髪を作る準備が始まっています。そして再び成長期1へと続くのです。
    頭髪全体の1割~2割弱は休止期の髪になるのです。

髪は、1本1本ヘアサイクルが異なり脱毛の時期が違うので、通常は一度にまとめて抜けることはありません。

ですが、なんらかの理由でヘアサイクルが乱れると、髪の毛の寿命が短くなって抜け毛や髪の細りが起こります。発毛したばかりの髪が抜けてしまうこともあるようです。

このような状態が繰り返されると薄毛はどんどん進行してしまいます。

そのため、育毛ケアにはヘアサイクルを正常に整えることが肝心と言われているのです。

【発表】あらゆる項目で徹底比較!女性育毛剤BEST5