HOME » 女性育毛剤の選び方・上級編 【注目の成分で選ぶ】 » グリチルリチン酸2K
  • 女性の薄毛事情
  • 満足度85%以上女性育毛剤リスト
  • 現役美容監修コラム

女性育毛剤の選び方

  • 初級編育毛剤について学ぶ
  • 中級編悩み別に選ぶ
  • 上級編注目の成分で選ぶ

薄毛に悩む女性の強い味方 ランキング1位の育毛剤はこれ!

  

グリチルリチン酸2K

女性用育毛剤に配合される有効成分「グリチルリチン酸2K」の効果について解説しています。

グリチルリチン酸2Kの概要

グリチルリチン酸2Kは「グリチルリチン酸ジカリウム」とも書きます。マメ科の甘草(カンゾウ)から抽出したグリチルリチンの誘導体のことを指しています。

甘草は、その名前の通り強い甘みを持つ植物で(砂糖の100~200倍)この甘みの主成分がグリチルリチンになります。

グリチルリチン誘導体はグリチルリチンを水に溶けやすくしたもので、非常に優れた抗炎症作用・抗アレルギー作用を持つことで知られており、医薬部外品や化粧品に配合されることの多い成分です。頭皮環境を良い状態に保つために大変有効と考えられています。

グリチルリチン酸2K配合の育毛剤

グリチルリチン酸2Kの育毛効果

炎症を抑えて頭皮環境を改善

グリチルリチン酸2Kは、頭皮の炎症を抑える効果が高いことで知られています。

皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まっておこる炎症、シャンプー剤が合わなくて起こるアレルギー反応による炎症などが原因で、若い女性でも一時的に脱毛することがありますが、このような場合に有効な成分として女性用の育毛剤に多用されているようです。

頭皮に直接塗布することで炎症を抑え、女性本来の美しく健康的な髪を育てる土台となる頭皮環境に整えてくれます。

なお、皮膚科で処方される副腎皮質ホルモン(炎症治療の外用薬)のような即効的な効果はありませんが、その分副作用の心配もないので長期に渡って使用できる安全な成分です。

ただし、頭皮の炎症が酷く悪化している場合は育毛剤で炎症を治すことはできません。この場合は早めに皮膚科を受診して下さい。

雑菌の繁殖を防ぐ効果や、フケ・かゆみを抑える効果

頭皮が脂っぽい方の場合は、過剰分泌された皮脂が頭皮の常在菌のエサとなってしまうので、菌が増殖して脂漏性皮膚炎などを引き起こすことがあります。

乾燥肌の方の場合は、皮脂の分泌不足で皮膚のバリア機能が低下し、細菌や紫外線、シャンプー剤などの影響を受けやすくなった結果、乾燥性湿疹を招くことがあります。

どちらのケースでもかゆみを生じるので、頭皮をかきむしることで炎症が悪化し、頭皮の新陳代謝のサイクルが乱れてフケが出たりするのですが、グリチルリチン酸2Kの高い殺菌作用により、頭皮の菌の繁殖を抑えるとともにフケやかゆみを改善させることができます。

また、免疫力を高め、外部からの刺激に負けない丈夫な頭皮を作ることにも役立つと言われています。

【発表】あらゆる項目で徹底比較!女性育毛剤BEST5