HOME » Q&Aでわかる!女性の薄毛事情 » 更年期と薄毛は関係ある?
  • 女性の薄毛事情
  • 満足度85%以上女性育毛剤リスト
  • 現役美容監修コラム

女性育毛剤の選び方

  • 初級編育毛剤について学ぶ
  • 中級編悩み別に選ぶ
  • 上級編注目の成分で選ぶ

薄毛に悩む女性の強い味方 ランキング1位の育毛剤はこれ!

  

更年期と薄毛は関係ある?

女性の薄毛と更年期の関係について詳しく解説します。

更年期と脱毛の関係とは

女性のイラスト画像40代に入ると、「なんとなく体の調子が悪い…」「理由もないのに落ち込んだりイライラしたりする」といった女性が増えてくるようです。

実は、髪のボリュームがなくなってきたと実感するのもこの頃から。

更年期と女性の薄毛の関係はとても密接です。

更年期とは女性が閉経を迎える前後の約5年間のことを指しています。

一般的には50歳頃に閉経を迎えるとされているので、45~55歳くらいの期間を更年期と呼ぶというわけですね。閉経時期は個人差があるので、早い人は35歳くらいから不調が現れることもあるようです。

なぜ体の不調が起こるのかというと、卵巣機能が低下することで35歳くらいから女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が激減し、閉経後しばらくすると分泌しなくなります。

エストロゲンの分泌が激減することで身体が対応できなくなり、さまざまな症状を引き起こすとされているのです。

更年期障害というと、めまいやほてり、イライラ・不安感などの症状が思い浮かぶかもしれませんが、エストロゲンは毛髪を発達させ、毛髪の成長期を持続させるという働きを担っているホルモンですから、このエストロゲンが減少すると当然毛髪にも影響が及びます。

エストロゲンが減ると髪の毛は、成長期が短く・休止期が長くなるので、だんだんと一つの毛穴から生える髪の本数が減ったり、髪が細くなって色が薄くなったりして、全体的に薄毛が目立つようになっていくのです。

これが、「女性型脱毛症」や「びまん性脱毛症」などと呼ばれる女性特有の脱毛症です。

更年期にさしかかって薄毛が目立つ女性が増えてくるのは、エストロゲンが急激に減少することに原因があるというわけです。

【発表】あらゆる項目で徹底比較!女性育毛剤BEST5