HOME » Q&Aでわかる!女性の薄毛事情 » 若い女性でも薄毛になる?
  • 女性の薄毛事情
  • 満足度85%以上女性育毛剤リスト
  • 現役美容監修コラム

女性育毛剤の選び方

  • 初級編育毛剤について学ぶ
  • 中級編悩み別に選ぶ
  • 上級編注目の成分で選ぶ

薄毛に悩む女性の強い味方 ランキング1位の育毛剤はこれ!

  

若い女性でも薄毛になる?

20代~30代の若い世代の女性の薄毛、若年性脱毛について詳しく解説します。

「若年性脱毛症」が増えている理由とは?

「女性の薄毛や抜け毛は更年期以降にあらわれる症状」というイメージが強いですが、近年、20代女性の薄毛や30代女性の薄毛が増えています。

意外に思えるかもしれませんが、人知れず薄毛に悩んでいる20代~30代の女性は年々増加しているというのが現実です。もちろん、この年代の薄毛は老化現象による脱毛症状とは異なるものです。

一般的には、抜け毛は頭皮や毛母細胞の「老化」によって起こるものですが、20代・30代の若年性脱毛症の場合はこれに当てはまりません。

若い世代の抜け毛の原因は、髪の毛のターンオーバーのサイクル(ヘアサイクル)が正常に機能していないことがほとんど。

ヘアサイクルが乱れてしまうと、毛が痩せてしまったり、抜ける時期ではない若い毛が抜けてしまったり、一つの毛穴から生えてくる毛の本数が減少したりします。このため、全体的な髪のボリュームもなくなってしまうのです。

若年性脱毛症の原因と対策

過度のダイエット

若い世代の薄毛の原因として無理なダイエットの影響が挙げられます。

健康的で美しい髪の毛を維持するためには女性ホルモンのバランスが整っていることが不可欠です。女性ホルモンのエストロゲンは、髪の毛の成長に深く関わっているのです。

また、ダイエットによって髪が栄養不足になると、髪は細くなり切れやすくなってしまいます。

栄養バランスを考えた食事、適度な運動による正しいダイエットであれば問題はありませんが、若いころにやってしまいがちな“とにかく食べない”というダイエットは絶対NG!

極端なダイエットは、栄養バランスやホルモンバランス・自律神経の乱れを招き、薄毛や抜け毛を引き起こす原因となってしまうのです。

間違った頭皮ケア

女性は男性よりもヘアケアにかける時間も長いもの。しかし、シャンプーを正しい方法で行っていない方は意外と多いようです。

頭皮も顔と同じようにデリケートな性質を持っているので、丁寧に優しく扱うことが大切です。乱暴な洗い方をするとすぐに傷がついてしまうので、髪が抜けやすくなってしまう可能性があるのです。

また、洗浄力の強すぎるシャンプーは頭皮への刺激も強いので、炎症を起すリスクもあります。

特に敏感肌や乾燥肌の方はシャンプー選びにも気を配って下さい。

頭皮は弱酸性ですから、シャンプーも弱酸性のものを選ぶと低刺激で安心です。

頭皮を傷めるオシャレ

若い女性に限ったことではありませんが、ヘアカラーやパーマを頻繁にする方も注意が必要です。

これらは強い薬剤を使いますし、いずれも髪や頭皮に大きなストレスがかかっていることを忘れないようにしましょう。

毛髪や頭皮へのダメージは髪の健康な成長を妨げてしまいますから、あまり頻繁にカラーやパーマをするのはおすすめできません。できれば、回数を少な目に(年に2、3回程度)減らすのが良いでしょう。

また、普段使うスタイリング剤も毎日しっかり落とすことも大切です。

【発表】あらゆる項目で徹底比較!女性育毛剤BEST5